教員・保育士になる4ステップ─ 大学編 ─
  • STEP 1教職課程・保育士課程を履修する
  • STEP 2ボランティアなどで現場を知る
  • STEP 3教育実習で実践力を身に付ける
  • STEP 4採用試験合格&免許・資格取得
教員・保育士4年間になるための
  • STEP 1教職課程・保育士課程を履修する
  • STEP 2ボランティアなどで現場を知る
  • STEP 3教育実習で実践力を身に付ける
  • STEP 4採用試験合格&免許・資格取得

教職課程・保育士課程を履修する 教職課程・保育士課程を履修する

教員や保育士になるには、免許・資格が必要です。1年次から正課授業に加え、教職課程や保育士課程で定める科目を履修しなければ、教員免許や保育士資格は取得できません。
「免許や資格を取っておいて損はないかな」という中途半端な気持ちだと、本当の意味での“先生”になるのは難しいでしょう。
専門的な知識・技術はもちろん、子どもの心に寄り添う愛情や、子どもと共に成長しようとする情熱が、教育や保育を志す人には求められるのです。

武庫女では…親身な指導で計画的な履修をサポート!

1年次の4月に、教職課程・保育士課程の履修方法などについて説明します。わからないことがあれば、クラス担任をはじめ、所属学科の教員や教職支援室が親身にサポート。学生は常に自分の状況や課題を確認しながら、卒業時まで計画的に履修します。

ボランティアなどで現場を知る

「ほんとうに自分は教員に向いているか」「幼稚園と保育所では、どちらが自分に合っているか」など、現場を体験することによってわかることがあります。
ボランティア活動やインターンシップなどは、自らの適性を確かめたり、視野を広げたりするだけでなく、地域社会に貢献するという意味でも、大変意義があるといえるでしょう。

武庫女では…現場を体験できるチャンスが豊富!

教職支援室では、教育・保育にかかわるボランティアやスクールサポーター、インターンシップ参加者を募集している学校などを紹介。これ以外にも、多くの学生が自らボランティア先を探し、主体的に活動しています。

教育実習で実践力を身に付ける 教育実習で実践力を身に付ける

大学で教育・保育の知識を身に付け、それを実践することになるのが教育実習・保育実習です。
期間は2~4週間で、現役の教員や保育士の仕事を見て学ぶだけでなく、実際に子どもたちを指導します。

教育実習・保育実習は、免許・資格取得のための必須科目。夢への意志を固めてモチベーションを高めたり、やるべき課題を見つけたりする重要な機会にもなります。

武庫女では…“先生”としての心構えを養う!

学校や幼稚園・保育所で実習に取り組むだけでなく、事前事後の学びも合わせて、実習の効果をより高める内容になっています。
まずは、実習の意義や心構えを理解することからスタート。次に、学んだ知識を現場で実践します。
さらに、実習で明らかになった自分の課題に取り組みます。
学校教育館には実際の教室を模した施設を備えており、教育実習・保育実習に向けた授業の練習も繰り返し行えます。
こうした統合的な学習によって、一人ひとりが「理想の“先生”」になるための実践力を培います

採用試験合格&免許・資格取得

免許や資格を取得しても、採用試験に合格しなければ、教員・保育士として働くことができません
夢をかなえるためには、在学中にしっかり採用試験対策をしておくことが大切です。

武庫女では…“先生”としての心構えを養う!

所属学科の教員をはじめ、教職支援室のスタッフが連携し、教員免許・保育士資格の取得から、採用試験対策までをバックアップ。同じ夢に向かってがんばる仲間がいるので、互いに励まし合い、高め合うことができます。

無料で「特講」が受けられる!

教員・保育士の採用試験にチャレンジする学生を対象に、「教員・保育士採用選考試験対策特別講座(特講)」を開講。受講料は無料です。
「特講」を利用し、多くの先輩が教員・保育士となり、全国で活躍しています!